風俗でギャルの胸に埋もれたい

実力だけを求める時もある

どんなことを風俗に求めるのかは、その日の気分次第なんですよね。別に「必ずこうじゃなきゃいけない」とかではないんです。その点では自分の風俗に対する姿勢は割と柔軟かなとは思うんですよ。満足出来ればそれで十分。そんな気持ちを持っているんですけど、前回の風俗では実力だけを求めたんです。どれだけこちらを気持ちよくさせてくれるのか。テクニシャンを求めたので、口コミでも外見とかではなく、とにかく上手だと評判の女の子を探したんです。それで評判のEちゃんを指名してみました。とある風俗店にいる子で、口コミの通り、外見は今の時代の風俗嬢としては突出した美人って訳ではないものの、それでも決して悪い訳じゃありません。でも彼女に求めているのは外見でドキドキさせてくれることではないですしね。とにかくどれだけ楽しめるのか。その点だけだったんですけど、さすがに凄かったです。手法もそうですけど演出というか、彼女は本当の「テクニシャン」でしたね。

空いている時を狙うようにしている

空いている時にこそ、風俗を楽しむようにしているんです。混んでいる時でも予約していれば大丈夫って考え方もあるかもしれないんですけど、混んでいる時って女の子もそれなりに疲れていると思うんですよね。どれだけやる気はあったとしても、疲れていると集中力だって低下しちゃうのは仕方ないですし、それに動きが散漫になってしまう部分もあると思うんです。それに、空いている時の方が女の子の動きにも余裕がありますよ(笑)お客さんが絶え間なく訪れてくれるのは収入という点ではとてもありがたいものだと思いますけど、体力的には疲れると思うので、それこそ疲れている時に相手をしてもらっても覚えてもらえない可能性も高いじゃないですか(笑)でも疲れていない、余裕のある時であればそれなりに楽しめるんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗を楽しむのであれば、やっぱり空いている時の方がそれなりに良いんじゃないかなって思いますけどね。