風俗でギャルの胸に埋もれたい

いつも楽しいじゃないですか、風俗は

風俗は行けばいつも楽しい。それが分かっているから辞められないんですよ(笑)お金を出して楽しむサービスの一種ですけど、支払ったお金分はしっかりと満足出来るというか、むしろかなり安いんじゃないですかね。額面だけを見れば安いとは言えないのも分かるんですけど、でもじゃあ他の手段で女の子とそこまで出来るのかってなると、きっともっとお金をかけないといけないんじゃないかなって思うんですよね(笑)むしろ出会い系のように、どれだけお金を使ったところで結局出会うことさえ出来ないようなパターンだってあるんです。それなら風俗のように、払ったお金分はしっかりと満足出来る方が断然良いんじゃないのかなって思いますけどね。むしろ男としてのスキルも必要ないんです。自分の好きなように楽しむだけで良いので、細かいことを考えずに女の子と楽しめるという点では風俗は何よりも素晴らしいサービス何じゃないかなと、毎回のように思う自分がいるんですよ。

条件よりも感覚かな

風俗嬢選びの際、自分ではいろいろと条件を設定するんですけど、結局はフィーリングというか、例えばですけど「今日は巨乳の風俗嬢と楽しもう」と思っていても、ふと色白の微乳の子に心を奪われるってケースもありますからね(笑)だからその時にどんな気分になっているのかを重要視しています。ただ、何となく自分の中でですけど、選ぶ風俗嬢にはある程度の傾向が見えるんですよね。それは優しそうな雰囲気の女の子です。性的な快感だけじゃなく、人として安らげるような女の子と楽しみたい気持ちがあるんです。そう言ったタイプの女の子との時間は、きっと楽しいものになるんじゃないかなって言う確信もあるんですよね。それに、優しい女の子との時間は男としては癒し効果もあるんです。仕事や人間関係のイライラや理不尽さを、風俗嬢が解消してくれると言っても決して過言ではないので、本当にありがたいよなって思って癒しを求めて女の子を指名することも決して珍しくはなかったりするんですよね。