風俗でギャルの胸に埋もれたい

スクール水着の破壊力を知った

AVではスクール水着って定番って言っても良いじゃないですか。別に好きとかじゃないんですけど、よく見かけるアイテムですよね(笑)でも、実際に見るとちょっと状況が変わるというか、あれは凄いです。映像を通してみるよりも、肉眼で見る方が断然燃えます。この前の風俗で、スクール水着プレイをしたんですよ。まぁ風俗以外でそんなプレイを楽しめるようなところはないと思うんですが(笑)スクール水着って別に色気がある訳じゃないですよね。デザイン的に見れば、色気どころかむしろ性欲を奪うような、あくまでも性の匂いを感じさせないような作りになっているじゃないですか。でもそれがいいんです。逆にそれが男心に響くんですよ。チラリズム同様、あからさまに迫られるよりも、見えるかどうか分からないくらいがいいじゃないですか。スクール水着もです。色気がないからこそ、それを着てのプレイがより一層捗るものになるんだなってことを知ったような気がするんですよね。

前回のことを覚えていた子

こちらにとって風俗嬢の存在は特別ですけど、でも風俗嬢にとっては多くのお客の一人だろうなって思っていたんです。覚えてもらいたいって気持ちはゼロとは言いませんけど、現実的に考えると風俗嬢だって大変なので、そこはあまり期待せずにリピートしてみたんです。覚えてくれているだろうなという気持ちじゃなくて、前回とっても良かったのでまた楽しみたいなって。それくらいの気持ちで彼女をリピートしたのにです。彼女は自分のことを覚えてくれていたんですよ。そこに感動しました。一度楽しんだだけの相手のことをしっかりと覚えているというその事実に、自分自身、かなり感動しましたね。感動したからなのか、そのおかげでとっても楽しめたと共に、嬉しい気持ちも楽しめてで、風俗ってプレイも魅力だけど、こうして人同士でいろいろなコミュニケーションを取るのもまた、楽しいものなんだなってことに改めて気付かされたような気がする有意義な時間になりました。