風俗でギャルの胸に埋もれたい

自分の想像力がモチベーション

どれだけ風俗で充実感を得られるのかは、結局の所自分の想像力なんじゃないかなと。自分の想像を形にすることこそ、風俗の面白さだと思うんですよね。もちろん女の子によって、自分の想像以上の楽しさが待っていることも否定しませんけど、ベースとなるのは自分の想像力なのは間違いないと思うんですよね。そのためには、常日頃から性的な意味での想像力を鍛えることが大切ですね。だからAVとかも役立つんですよ。いろんなプレイがあるじゃないですか。映像を見ながら、「これは良いな」と思えるようなものがあったら覚えておいて、それを風俗で楽しむんですよ。むしろAVから逆引きというか、面白そうなプレイを見たら、そのプレイが出来そうな風俗を探すって手法もありですよね。憧れのプレイが出来るのは風俗だけというか、さすがにプライベートシーンでは相手の女の子に求めるのが難しいケースもありますしね。それらを踏まえつつ、風俗を楽しんでいます。

有言実行だったんです

彼女、相当自信満々な風俗嬢だったんです。初対面なのに、「最低でも2発は抜きますよ」と宣言。いきなりこういった宣言をしてくれるような風俗嬢はこれまでにいなかったので、とっても新鮮な気持ちになりました(笑)そもそも、風俗嬢側からすれば何発抜いても自分のお給料は変わらないんです。それなら一発にしておくくらいがコストパフォーマンスは良いと思うんですよね。それなのにです。二発抜くと宣言してくれたのはそれだけ彼女が自信を持っていたってことでしょうね。事実、彼女は有言実行と言うか、二発どころか三発も抜いてくれたんですよ。さすがにこれには自分も驚きと言うか、きっとそれだけの実力を持っているってことなんだろうなって思いましたね。だから風俗って自分でも思いますけど女の子によって全然違うなって。今回に関してはあれだけアグレッシブなテクニシャンだったおかげで、三回戦も楽しめちゃったんです。こちらからすればコストパフォーマンスは最高でした(笑)